托卵他

托卵他

 

托卵

 作者:ひさうちみちお
 金額:216円〜

托卵と言う習性を持つ鳥・カッコー。その名を冠せられた、カッコーと呼ばれる民族がいた。彼らは昔から自分の国を持たず、少人数の集団を作って各地を巡り、芸を見せて日々の糧にする暮らしを送っている。そんな彼等が、金で産婆を買収して、次々と自分達の子を各家庭に送り込み、世界を支配しようとし...

『托卵』のDMM公式販売ページを確認

義経の赤い春

 作者:ひさうちみちお
 金額:216円〜

叡山を追われ京に流れてきた弁慶は、口入屋の持ってきたアルバイトで、公達の家から盗まれたという家宝の太刀を探すことになった。多分どこかの武者の手に渡っているはずと、片っ端から道行く武者をぶっ倒して太刀を検めるという、大雑把な方法である。それがいつしか人気を呼び、弁慶は戦で人が死なぬ...

『義経の赤い春』のDMM公式販売ページを確認

人生の並木路

 作者:ひさうちみちお
 金額:216円〜

文学に憧れていた狸の中沢君は月に一度山を降りて、葉っぱのお札で本を買って帰るのが楽しみだった。被害に遭う本屋さんのために、将来自分が小説家になって稼いだら、出世払いする予定を立てているのだ。十八歳の時に幼馴染のジェーンと結婚した中沢君は、人間に化けて出版社に小説を持ち込んだのだが...

『人生の並木路』のDMM公式販売ページを確認

悪魔が夜来る

 作者:ひさうちみちお
 金額:216円〜

昔々あるところ(の地面の下)に、もぐらの父子が住んでいました。倅はいつも絵本ばかり読んでいる変わり者で、死んだお母さんもぐらと地面の上に出たときに見た天使を思い描いたり、夢に見たりしていました。お父さんが死んだあと、その天使が尋ねてきて、二人は仲良く幸せに暮らしたのですが、退屈に...

『悪魔が夜来る』のDMM公式販売ページを確認

夢の贈物

 作者:ひさうちみちお
 金額:216円〜

ぼくの家はお金持ちです。ぼくは箱庭をつくりました。プラモではなく、本物の素材で牧場をつくったのです。出来上がってみると、何か物足りないと感じ、それは牛だと気がつきました。でも箱庭の牧場に本物の牛は入りません。偽者が嫌なぼくは、牛肉を買ってきて入れる事にしました…。ファンタジーでは...

『夢の贈物』のDMM公式販売ページを確認

関連ページ

日本の一番ジャングルな日他
DMMが販売する電子書籍(ひさうちみちおの『日本の一番ジャングルな日』、ひさうちみちおの『精G 母と子の絆』、ひさうちみちおの『アポクリファ』、ひさうちみちおの『山本さん家の場合に於るアソコの不幸に就て』、ひさうちみちおの『理髪店主のかなしみ』)の立ち読み紹介サイト。